JR北海道の北海道新幹線アクセス列車『はこだてライナー』について解説

鉄道

本ページでは、北海道新幹線連絡列車『はこだてライナー』について解説いたします。

2016年3月26日、東北新幹線新青森~新函館北斗間に開業した北海道新幹線。新幹線開業に合わせて函館方面~新函館北斗間の電化開業、および青森~東京方面の新幹線利用客へのアクセス手段として『はこだてライナー』の営業運転が開始となりました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

『はこだてライナー』の概要

運行種別

函館~新函館北斗間を結ぶ北海道新幹線アクセス列車で、運行種別は普通』『快速の2種類あります。

普通列車は始発の函館を出発すると、終点の新函館北斗までの各駅に停車します。快速列車は五稜郭、終点の新函館北斗までの2駅のみの停車となり、桔梗・大中山・七飯駅は通過します。

使用車両

733系1000番台(3両1編成) ※3両×2編成、6両編成での運用もあり

733系1000番台『はこだてライナー』(函館駅) ※快速、普通の順

函館~新函館北斗間の電化開業に伴い、函館圏内では初の普通・快速『電車』として運行開始。

札幌圏の普通や快速エアポートなどで運用している733系0番台・3000番台と同ベースの列車で、全車両が函館運輸所の所属となっています。

2020年現在、3両1編成×4編成の12両で運用しています。

快速はこだてライナーの行先表示(種別カラーは快速がピンクで普通が水色)

はこだてライナー側面のロゴ

所要時間

函館 ~ 新函館北斗間

22分(普通列車)、19分(快速列車

新函館北斗~函館間

19~20分(普通列車)、15分(快速列車

運賃

〇普通列車・はこだてライナー(普通・快速):片道440円

SuicaやKitacaなどのICカード乗車券モバイルSuicaApple Pay Suicaでの乗車は出来ません。支払いは現金のみとなります。

『えきねっとトクだ値』『えきねっとお先にトクだ値』『えきねっとお先にトクだ値スペシャル』『モバイルSuica特急券』利用で新函館北斗から乗り換える場合、上記運賃が追加で必要です。

停車駅

普通列車

五稜郭・桔梗・大中山・七飯・新函館北斗の各駅に停車

快速列車

五稜郭・新函館北斗(大中山・桔梗・七飯は通過します)

運行本数

上下線共に1日16往復(そのうち、普通列車が12往復・快速が4往復)

※はこだてライナー時刻表はJR北海道ホームページから確認できます。

始発・終電

函館発

06:07発 ⇒ 06:29 新函館北斗着(始発

23:11発 ⇒ 23:33 新函館北斗着(終電

新函館北斗発

06:54発 ⇒ 07:13 函館着(始発

23:40 発 ⇒23:59 (終電

新函館北斗駅からの乗り換えについて

新函館北斗には、はこだてライナーの専用ホームが設けられており、1番ホームからの発着となります。ただし、新幹線乗り換え口とは少し離れた場所に停車するため、先頭車両の1番前のドア付近に乗れば少しはスムーズに乗り換えができるかと思います。

新函館北斗駅構内図(JR東日本ホームページより引用)

新函館北斗駅1番ホームに停車中の普通はこだてライナー

JR北海道の列車 関連記事

JR北海道では、札幌圏を中心に以下の列車が運用しています。詳細は以下のリンクから。

普通列車(札幌圏)

JR北海道、札幌近郊の普通列車を解説
本ページでは、JR北海道の札幌圏の普通列車・快速列車の車両を簡潔にご紹介します。JR北海道の札幌圏の普通・快速列車は、20世紀末までは近郊型車両(ボックスシートまたは転換式クロスシート式)が主となっていましたが、1995~6年頃から通勤...

区間快速いしかりライナー

JR北海道の区間快速『いしかりライナー』を解説
※追記 区間快速いしかりライナーは、今年3月のダイヤ改正にて運行が終了。約20年に及ぶ歴史に幕を閉じました。以下の記事は運用終了前時点の情報をそのまま修正せずに残してあります。予めご了承下さい。函館本線の小樽・手稲・札幌 ~ 江別・岩見...

快速エアポート(721系・733系)

【JR北海道】空港アクセス列車『エアポート』
本ページでは、JR北海道の空港アクセス鉄道として重要な役割を担う快速・特別快速『エアポート』について簡潔ではありますが解説します。新千歳空港ターミナルビル開業前までは、エアポートの前身として札幌方面からの千歳空港への空港アクセス鉄道とし...

快速ニセコライナー(キハ201系)

【JR北海道】キハ201系『ニセコライナー』
本ページでは、札幌~倶知安間を走行する快速『ニセコライナー』について解説します。蘭越・倶知安~札幌間を函館本線を経由して運行する快速列車『ニセコライナー』。その前身として、快速『マリンライナー』一部列車が小樽以西、長万部まで直通で運転...
タイトルとURLをコピーしました