【Windows10】既定のWEBブラウザを変更する方法

Windows10

本ページでは、Windows 10で既定のWEBブラウザ『Microsoft Edge』から『Google Chrome』などの別のブラウザに変更する方法を解説します。

Windows 10では、出荷時の段階では既定のブラウザ『Microsoft Edge』に設定されていますが、Windowsの設定画面またはMicrosoft Edgeの設定画面から他の『Google Chrome』『Internet Explorer』など別のブラウザへ変更する事が可能です。

既定のブラウザ変更方法は大きく分けて2通り。1つ目がWindowsの『設定』画面から変更する方法、2つ目はWebブラウザの設定画面から変更する方法です。

スポンサーリンク

Windows の『設定』から変更

まずは『Windows の設定』から変更する方法です。詳細手順は以下の通りです。

画面左下『スタート(Windowsロゴマーク)』『設定(歯車のマーク)』の順にクリック。『Windows の設定』画面が表示されたら、『アプリ』をクリック。

『既定のアプリ』(1)をクリックすると、『既定のアプリ』画面に切り替わるので、『Web ブラウザー』下の『Microsoft Edge』(2)をクリック。『アプリを選ぶ』が表示されるので、変更したいWebブラウザーを選択。(3)

Webブラウザから変更

次にWebブラウザから変更する方法です。(Microsoft Edge、Internet Explorer、Google Chrome の順に解説します。)

Microsoft Edge

画面右にあるメニュー(1)『設定』の順にクリック。

『既定のブラウザ―』内にある『既定値を変更』をクリック。

画面下にスクロールし、『Webブラウザー内』のブラウザをクリック(1)し、『Microsoft Edge』を選択。(2)

以上が『Microsoft Edge』を既定のブラウザとする方法です。

Internet Explorer 11

次にInternet Explorer 11での方法です。

画面右上にある『設定』((1)歯車のマーク)『インターネットオプション』(2)の順に選択。

メニューバーの『メニュー』⇒『インターネットオプション』の順でもOK。メニューバーがない場合は、『Alt』キーで表示/非表示の切り替えが出来ます。

『接続』(1)を選択し、『Internet Explorer を既定のブラウザ―にします』(2)をクリック。

『既定のアプリ』が開かれるので、『Internet Explorer』を選択

以上が『Internet Explorer』を既定のブラウザ―とする方法です。

Google Chrome

続いて、『Google Chrome』の設定画面から変更する方法です。

画面右上の『メニュー』(1)『設定』の順に選択

画面下にスクロールして、『既定のブラウザ』内にある『デフォルトに設定』をクリック。

『既定のアプリ』画面が開かれるので、『Google Chrome』を選択

『既定のブラウザ』内が『既定のブラウザはGoogle Chrome です』となっていれば設定完了です。

以上が『Google Chrome』を既定のブラウザとする方法となります。

さいごに

以上が既定のブラウザ―を設定する方法となります。本ページが参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

本ページでは、chromium版Microsoft EdgeでWEBサイトのID・パスワードを保存する方法と削除する方法を解説します。

 Microsoft Edge や Google Chrome などの各種Webブラウザには、サイト上で初回ログイン時に入力したユーザIDやパスワードの情報を保存し、次回ログイン時以降に入力を省略できる機能があります。

また、初回ログイン時に保存しなかった場合にも、設定画面から再度保存を有効化させること(初回ログイン前の状態に戻す)や、逆に保存したパスワードの情報を削除することも出来ます。

chromium版Microsoft Edgeにパスワードを保存する

初回ログイン時

サイトへログインします。(画像はYahoo IDでログインした場合)

「パスワードを保存」ポップアップウィンドウが画面上に表示されるので、情報を保存したい場合は「保存」(1)を、保存したくない場合は「なし」(2)をクリック。

情報は「保存されたパスワード」内または「保存しない」内で確認が出来ます。アドレスバーの右上にある「…」(1)「設定」(2)の順に選択。

「プロファイル」内の「パスワード」を選択

「保存されたパスワード」内または「保存しない」内に、先ほどログインしたYahoo IDの情報が保存されていることを確認。

パスワード情報保存時は、「保存されたパスワード」内に保存される

 

パスワード情報未保存時は、「保存しない」内に保存される

初回ログイン時以外

初回ログイン時に保存しない選択をした場合は、設定画面から保存しない一覧に登録されているサイト情報を削除し、再度ログインをすることで(初回ログイン時の状態に戻すことで)情報を保存することが出来るようになります。

アドレスバーの右上にある「…」(1)「設定」(2)の順に選択。

「プロファイル」内の「パスワード」を選択

「プロファイル/パスワード」上の「保存しない」にあるログイン情報から、削除したい情報の右の「×をクリック。

「保存しない」の一覧から削除されたことを確認します。これで初回ログイン時以前の状態に戻りました。

ID・パスワードを入力してログインします。(画像はYahoo IDでログインした場合)

「パスワードを保存」ポップアップウィンドウが画面上に表示されるので、情報を保存したい場合は「保存」(1)をクリック(※保存したくない場合は「なし」(2)をクリック。)

 

保存された情報は「保存されたパスワード」内で確認が出来ます。アドレスバーの右上にある「…」(1)「設定」(2)の順に選択。

「プロファイル」内の「パスワード」を選択

保存されたパスワード」内に、先ほどログインしたYahoo IDの情報が保存されていることを確認。

保存されたパスワードを確認する

保存済みのパスワードを確認したい場合、以下の手順で行います。(Windowsパスワードが必要です。

アドレスバーの右上にある「…」(1)「設定」(2)の順に選択。

「プロファイル」内の「パスワード」を選択

「プロファイル/パスワード」上の「保存されたパスワード」内にあるログイン情報から、パスワードを確認したいサイトの右にある目のマークを選択。

「Windows セキュリティ」画面が表示されるので、Windowsのログインパスワードを入力、 ※WEBサイトのパスワードではありません。

ログインパスワードを正しく入力すると、画面上にパスワードが表示されます。

パスワード情報を削除する

パスワード情報を削除したい場合は、設定画面から行います。

アドレスバーの右上にある「…」(1)「設定」(2)の順に選択。

「プロファイル」内の「パスワード」を選択

「プロファイル/パスワード」上の「保存されたパスワード」内にあるログイン情報から、パスワードを確認したいサイトの右にある「…」「削除」選択。

「保存されたパスワード」内の一覧から削除されたことを確認します。(削除をキャンセルしたい場合は「元に戻す」を選択)

以上がIDとパスワードをWEBサイト上で保存する方法または削除する方法です。本ページが参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

『Windows 10』関連ページ

 

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました