【JR東日本】首都圏の日帰り観光に最適な『休日おでかけパス』を解説

お得なきっぷ
スポンサーリンク

『休日おでかけパス』の概要

フリーエリア内のJR線の普通列車(快速含む)の普通車自由席、東京臨海高速鉄道線りんかい線(大崎~新木場 間)、東京モノレール線(浜松町~羽田空港第2ビル 間)が何度でも乗り降り自由です。首都圏の日帰り観光や、現在開催中のスタンプラリー(横浜DeNAベイスターズ スタンプラリー など)などに便利なきっぷです。

別に特急券やグリーン券等を購入すれば、新幹線・特急列車・普通列車グリーン車等も利用できます。

 

『休日おでかけパス』の購入方法・利用可能エリア・値段など

発売箇所

フリーエリア内のJR東日本の主な駅の指定席券売機、みどりの窓口、びゅうプラザ、提携販売センター及び主な旅行会社。

 

発売期間

通年で発売しているため、日付、曜日を気にせず購入可能です。

 

有効期間

1日間

 

利用期間

土・休日および、4月29日~5月5日、7月20日~8月31日、12月29日~1月3日の毎日

 

「休日おでかけパス」フリーエリア


JR東日本Webサイトより

 

値段

大人:2,720円、小児:1,360円

スポンサーリンク

『休日おでかけパス』利用時の注意事項ときっぷの払い戻し

 

新幹線・特急列車・普通列車グリーン車等の利用について

新幹線・特急列車・普通列車グリーン車等を利用の際は、別途特急券等が必要です。 ※ただし、東海道新幹線の利用はできません。

 

有効期間開始日の変更

有効期間開始日の変更は、有効期間内で未使用の場合、1回限り有効です。

 

乗車中に日付をまたいだ場合

乗車中に日付をまたいだ場合は、有効期間終了日の翌日のみ、改札を出場しない限りご利用可能です。なお、一部のエリア(電車特定区間内(※))においては、最終電車まで有効です。

 

電車特定区間とは?

電車特定区間とは、東京と大阪の中心部で設けられているJR電車運賃の割引区域のことです。

従来だと、JR東日本・JR西日本の幹線の初乗り運賃は140円ですが、電車特定区間の外へ出ないきっぷの場合、東京エリアだと10円(130円)、JR西日本の場合だと20円(120円)割引となります。

 

東京の電車特定区間

東京の電車特定区間は以下の通りです。

・東海道本線(東京~大船間 および 品川~新川崎~鶴見間)

・東海道新幹線(東京~品川間)

・南武線(全線)

・鶴見線(全線)

・武蔵野線(全線)

・横浜線(全線)

・根岸線(全線)

・横須賀線(全線)

・中央本線中(東京~高尾間)

・青梅線(全線)

・五日市線(全線)

・東北本線(東京~大宮間、日暮里~尾久~赤羽間 および 赤羽~武蔵浦和~大宮間)

・東北新幹線(東京~大宮間)

・山手線(全線)

・赤羽線(全線 ※池袋~赤羽間)

・常磐線(日暮里~取手間)

・総武本線(東京~千葉間 および 錦糸町~御茶ノ水間)

・京葉線(東京~千葉みなと間 および 塩浜~西船橋~南船橋間)

 

きっぷの払戻し

払戻しについては、未使用で有効期間内に限り、発売箇所にて可能です。 ※ただし、220円の払戻し手数料がかかります。ただし、列車の運行不能及び遅延等による払戻しはありません。

タイトルとURLをコピーしました