iPhone

【iPhone】リセット時のバックアップで「iCloudにアップロードができませんでした」と表示された場合

スポンサーリンク

iPhoneやiPadではリセット時に事前にiCloudへデータをバックアップする機能があります。その際に「iCloudにアップロードができませんでした」と表示され、バックアップに失敗した場合の対処方法を解説します。

スポンサーリンク

「iCloudにアップロードができませんでした」と表示された場合の対処方法

結論から言うと、上記エラーが出た場合は手動でバックアップを行います。手順は以下の通り。

設定』をタップ

一般』をタップ。(1)⇒ ユーザ名をタップ。(2)⇒『iCloud』をタップ(3)

iCloudバックアップ』をタップ。(1)iCloudバックアップ』がオフになっている場合はオンにして(2)今すぐバックアップを作成』をタップ。(3)

バックアップの作成が始まるのでしばらく待機。(1)⇒ 下のバックアップのゲージの表示が消えたらバックアップ完了です。(『最後に更新されたバックアップ』の日時が更新されている事を確認)(2)

バックアップデータを確認する

一般』をタップ。(1)⇒ ユーザ名をタップ。(2)⇒『iCloud』をタップ(3)

ストレージを管理』をタップ(1)⇒『バックアップ』をタップ。(2)

バックアップ』内にある先ほどバックアップしたデータをタップ(画面左)すると、詳細を見る事が出来ます。(画面右)

カテゴリー別記事一覧

iPhone関連

iTunes関連

WEBブラウザ関連

Windows関連

メールソフト関連

その他

タイトルとURLをコピーしました