鉄道

JR北海道の北海道新幹線アクセス列車『はこだてライナー』について解説

スポンサーリンク

本ページでは、北海道新幹線連絡列車『はこだてライナー』について解説いたします。

2016年3月26日、東北新幹線新青森~新函館北斗間に開業した北海道新幹線。新幹線開業に合わせて函館方面~新函館北斗間の電化開業、および青森~東京方面の新幹線利用客へのアクセス手段として『はこだてライナー』の営業運転が開始となりました。

スポンサーリンク

『はこだてライナー』の概要

運行種別

函館~新函館北斗間を結ぶ北海道新幹線アクセス列車で、運行種別は普通』『快速の2種類あります。

普通列車は始発の函館を出発すると、終点の新函館北斗までの各駅に停車します。快速列車は五稜郭、終点の新函館北斗までの2駅のみの停車となり、桔梗・大中山・七飯駅は通過します。

使用車両

733系1000番台(3両1編成) ※3両×2編成、6両編成での運用もあり

733系1000番台『はこだてライナー』(函館駅) ※快速、普通の順

函館~新函館北斗間の電化開業に伴い、函館圏内では初の普通・快速『電車』として運行開始。

札幌圏の普通や快速エアポートなどで運用している733系0番台・3000番台と同ベースの列車で、全車両が函館運輸所の所属となっています。

2020年現在、3両1編成×4編成の12両で運用しています。

快速はこだてライナーの行先表示(種別カラーは快速がピンクで普通が水色)

はこだてライナー側面のロゴ

所要時間

函館 ~ 新函館北斗間

22分(普通列車)、19分(快速列車

新函館北斗~函館間

19~20分(普通列車)、15分(快速列車

運賃

〇普通列車・はこだてライナー(普通・快速):片道440円

SuicaやKitacaなどのICカード乗車券モバイルSuicaApple Pay Suicaでの乗車は出来ません。支払いは現金のみとなります。

『えきねっとトクだ値』『えきねっとお先にトクだ値』『えきねっとお先にトクだ値スペシャル』利用で新函館北斗から乗り換える場合、上記運賃が追加で必要です。

停車駅

普通列車

五稜郭・桔梗・大中山・七飯・新函館北斗の各駅に停車

快速列車

五稜郭・新函館北斗(大中山・桔梗・七飯は通過します)

運行本数

上下線共に1日16往復(そのうち、普通列車が12往復・快速が4往復)

はこだてライナー時刻表はJR北海道ホームページから確認できます。

始発・終電

函館発

  • 06:07発 ⇒ 06:29 新函館北斗着(始発
  • 23:11発 ⇒ 23:33 新函館北斗着(終電

新函館北斗発

  • 06:54発 ⇒ 07:13 函館着(始発
  • 23:40 発 ⇒23:59 (終電

新函館北斗駅からの乗り換えについて

新函館北斗にははこだてライナーの専用ホームが設けられており、1番線ホーム発着となります。ただし、新幹線乗り換え口とは少し離れた場所に停車するため、先頭車両の1番前のドア付近に乗れば少しはスムーズに乗り換えができるかと思います。

新函館北斗駅構内図(JR東日本ホームページより引用)

新函館北斗駅1番ホームに停車中の普通はこだてライナー

JR北海道の列車 関連記事

JR北海道では、札幌圏を中心に以下の列車が運用しています。詳細は以下のリンクから。

普通列車(札幌圏)

区間快速いしかりライナー

快速エアポート(721系・733系)

快速ニセコライナー(キハ201系)

タイトルとURLをコピーしました