スポンサーリンク
スポンサーリンク

【三越前・新日本橋駅】東京メトロ半蔵門線ホームからJR総武快速線ホームへの乗り換えルート

乗り換え案内・経路(ルート)案内
乗り換え案内・経路(ルート)案内
 

このページでは、三越前(みつこしまえ)駅の東京メトロ半蔵門線ホームから、新日本橋(しんにほんばし)駅のJR総武快速線までの乗り換えルートを解説します。

東京メトロ半蔵門線からJR線に乗り換えて、品川・武蔵小杉・横浜方面および、船橋・津田沼・千葉方面などへ向かう場合、これから紹介するルートに沿って移動すれば、迷うことなく乗り換えが出来ます。

乗り換えに掛かる時間は、階段・エスカレーター利用時とエレベーター利用時共におよそ10~15分程度と時間が掛かります。

ただし、朝の通勤・通学時間帯・大型連休時などの混雑時はさらに時間が掛かる場合があります。
【関連ページ】三越前駅(東京メトロ半蔵門線)ホームから新日本橋駅(JR総武快速線)ホームへの乗り換えルート
【関連ページ】東京メトロ半蔵門線ホームから銀座線ホームへの乗り換えルート
スポンサーリンク
PR
スポンサーリンク
PR

【はじめに】東京駅(東海道新幹線、東北新幹線乗り換えなど)や船橋・津田沼方面へ向かう場合

三越前駅からJR総武快速線へ乗り換える場合、10~15分と時間が掛かります。新幹線の乗り換えや船橋・千葉方面などへ向かう場合、これから解説するルートとは別に以下の方法にて乗り換えが可能です。

JR東京駅へ向かう場合(東海道新幹線、東北新幹線乗り換えなど)

東京駅方面(東海道新幹線、東北新幹線乗り換えなど)へ向かう場合は、『常盤橋方面改札』を出て『B3』出口から地上経由で、徒歩10分程度で移動が可能です。

移動手段はエスカレーターおよび階段です。エレベーターでの移動は出来ません。

船橋・津田沼・千葉方面へ向かう場合

船橋・津田沼・千葉方面へ向かう場合、JR線への乗り換えは押上方面の列車から4駅先の『錦糸町』からも乗り換えが出来ます。

階段・エスカレーターおよびエレベーターそれぞれで乗り換えが可能です。
【関連ページ】JR錦糸町駅(総武快速線)ホームから東京メトロ半蔵門線ホームへの乗り換えルート

【階段・エスカレーター利用時】東京メトロ半蔵門線ホームからJR総武快速線ホームへ

以下は、東京メトロ半蔵門線ホームからJR総武快速線ホームへの階段・エスカレーター利用時の乗り換えルートの詳細です。

乗り換えに掛かる時間はおよそ10分程度ですが、通勤・通学時間帯や大型連休時のラッシュ時などはさらに時間が掛かる場合があります。

エレベーター利用時の乗り換えルートについては、「【エレベーター利用時】東京メトロ半蔵門線ホームからJR総武快速線ホームへ」を参照してください。

東京メトロ半蔵門線3・4番線ホームから『日本橋方面改札』へ

以下は、東京メトロ半蔵門線3・4番線ホームから『日本橋方面改札』までのルートです。

改札は『日本橋方面改札』を通ります。

3番線ホーム(表参道・渋谷方面)から

1号車の進行方向1番うしろのドア(『1号車1番ドア』)から列車を降ります。

列車から降りたら、右方向(進行方向反対側)へ進みます。

上りエスカレーターに乗って地下3階へ向かいます。

地下3階到着後以降のルートについては、こちらからをご覧ください。

4番線ホーム(錦糸町・押上方面)から

1号車の進行方向1番前のドア(『1号車1番ドア』)から列車を降ります。

列車から降りたら、左方向(進行方向側)へ進みます。

上りエスカレーターに乗って地下3階へ向かいます。

以降のルートについては、3・4番線ホーム共通です。

エスカレーターを降りたら、左斜め前方向に進んで上りエスカレーターに乗ります。

エスカレーターを降りたら、右うしろ側へ回り込んでまっすぐ進みます。

日本橋方面改札』前に到着です。きっぷやICカード乗車券などで改札を通ります。

『日本橋方面改札』からJR線改札口へ

以下は、『日本橋方面改札』からJR線改札口までのルートです。

日本橋方面改札』を出たら、右斜め前方向にある通路へ進みます。

通路を2分程度まっすぐ進みます。

銀座線の『三越方面改札』前に到着しますが、改札には入らずそのまま通路を通ります。

銀座線の改札口左脇をそのまままっすぐ進みます。

通路途中で右側の通路に合流します。

右側の通路に合流したら、突き当り手前までまっすぐ進みます。

通路突き当り手前まで来たら、右へ曲がってまっすぐ進みます。

まっすぐ進んだら、JR新日本橋駅の改札口前に到着です。定期券やICカード乗車券で乗車する場合、そのまま改札を通ることが出来ます。

きっぷの購入やICカード乗車券のチャージをしたい場合、改札口手前にきっぷうりばやICカード乗車券のチャージ機および、指定席券売機があります。 ※みどりの窓口はありません。

改札口からJR総武快速線1・2番線ホームへ

以下は、改札口からJR総武快速線1・2番線ホームまでのルートです。

改札内に入場したら、右斜め前方向にある下りエスカレーターへ向かいます。

下りエスカレーターで地下3階へ向かいます。

エスカレーターを降りたら、まっすぐ進んで右側にある下り階段を降りて地下4階へ向かいます。

地下4階のホーム階に到着です。1番線ホームは右側に、2番線は左側にあります。

1番線ホームには東京・横須賀線(新橋・品川・横浜)方面への列車が、2番線ホームには錦糸町・船橋・津田沼・千葉方面への列車が到着します。

【関連ページ】乗り換え先のJR横須賀線(総武快速線)各駅ホームの停止位置情報(号車とドアの位置)
【関連ページ】三越前駅(東京メトロ半蔵門線)ホームから新日本橋駅(JR総武快速線)ホームへの乗り換えルート
【関連ページ】東京メトロ半蔵門線ホームから銀座線ホームへの乗り換えルート

他の路線や駅の乗り換え方法を検索したい場合

他の路線や駅の乗り換え方法を検索したい場合はこちらから ※検索ボックスに移動します。

乗り換えルート・駅一覧トップ(各項目別)

 

乗り換え・経路案内トップ

 

▲このページの目次へ

PR

【エレベーター利用時】東京メトロ半蔵門線ホームからJR総武快速線ホームへ

以下は、東京メトロ半蔵門線ホームからJR総武快速線ホームへのエレベーター利用時の乗り換えルートの詳細です。

乗り換えに掛かる時間はおよそ15分程度ですが、通勤・通学時間帯や大型連休時のラッシュ時および、エレベーターの待ち時間によってはさらに時間が掛かる場合があります。

階段・エスカレーター利用時の乗り換えルートについては、「【階段・エスカレーター利用時】東京メトロ半蔵門線ホームからJR総武快速線ホームへ」を参照してください。

東京メトロ半蔵門線3・4番線ホームから『日本橋方面改札』へ

以下は、東京メトロ半蔵門線3・4番線ホームから『日本橋方面改札』までのルートです。

改札は『日本橋方面改札』を通ります。

3番線ホーム(表参道・渋谷方面)から

1号車の進行方向1番うしろのドア(『1号車1番ドア』)から列車を降ります。

列車から降りたら、右方向(進行方向反対側)の上り階段右隣りにある通路へ進みます。

4番線ホーム(錦糸町・押上方面)から

1号車の進行方向1番前のドア(『1号車1番ドア』)から列車を降ります。

列車から降りたら、左方向(進行方向側)の上り階段右隣りにある通路へ進みます。

以降のルートについては、3・4番線ホーム共通です。

階段右隣りにある通路を歩いていきます。

通路突き当りにエレベーターがあるので、エレベーターに乗って改札階へ向かいます。

エレベーターを降りると、目の前にあるのが『日本橋方面改札』です。きっぷやICカード乗車券などで改札を通ります。

『日本橋方面改札』からJR線改札口へ

以下は、『日本橋方面改札』からJR線改札口までのルートです。

日本橋方面改札』を出たら、右斜め前方向にある通路へ進みます。

通路を2分程度まっすぐ進みます。

銀座線の『三越方面改札』前に到着しますが、改札には入らずそのまま通路を通ります。

銀座線の改札口左脇をそのまままっすぐ進みます。

通路途中で右側の通路に合流します。

右側の通路に合流したら、突き当り手前までまっすぐ進みます。

通路突き当り手前まで来たら、右へ曲がってまっすぐ進みます。

まっすぐ進んだら、JR新日本橋駅の改札口前に到着です。定期券やICカード乗車券で乗車する場合、そのまま改札を通ることが出来ます。

きっぷの購入やICカード乗車券のチャージをしたい場合、改札口手前にきっぷうりばやICカード乗車券のチャージ機および、指定席券売機があります。 ※みどりの窓口はありません。

改札口からJR総武快速線1・2番線ホームへ

以下は、改札口からJR総武快速線1・2番線ホームまでのルートです。

改札内に入場したら、左方向へ進んでエレベーターに乗ってホーム階(地下4階)へ向かいます。

地下4階のホーム階に到着です。1番線ホームは右側に、2番線は左側にあります。

1番線ホームには東京・横須賀線(新橋・品川・横浜)方面への列車が、2番線ホームには錦糸町・船橋・津田沼・千葉方面への列車が到着します。

【関連ページ】乗り換え先のJR横須賀線(総武快速線)各駅ホームの停止位置情報(号車とドアの位置)
【関連ページ】三越前駅(東京メトロ半蔵門線)ホームから新日本橋駅(JR総武快速線)ホームへの乗り換えルート
【関連ページ】東京メトロ半蔵門線ホームから銀座線ホームへの乗り換えルート

他の路線や駅の乗り換え方法を検索したい場合

他の路線や駅の乗り換え方法を検索したい場合はこちらから ※検索ボックスに移動します。

乗り換えルート・駅一覧トップ(各項目別)

 

乗り換え・経路案内トップ

 

▲このページの目次へ

PR

検索対象は記事タイトルです。

乗り換え先が少ない駅については、基本的に駅名のみの入力で検索結果が出力されますが、希望の検索結果が中々出ない場合、

  1. 乗り換え先の駅名(乗り換え元と乗り換え先の駅名が異なる場合は、乗り換え先の駅名を入力してください。乗り換え元ではありません
  2. 乗り換え元の路線名
  3. 乗り換え先の路線名

を、それぞれスペースを加えて入力し検索すると絞り込みがしやすくなります。また、駅名については、語尾に「駅」を付けると絞り込みやすくなります。

検索の際、乗り換え先の駅名・乗り換え元の路線名・乗り換え先の路線名の間には必ず空白を入れてください。 ※空白を入れない状態で検索した場合、結果は0件となります。(入力例:新宿駅中央線 ⇒ 新宿駅 中央線)

入力例1:東京駅の山手線から新幹線に乗り換える場合

⇒『東京駅 山手線 新幹線

入力例2:有楽町駅の有楽町線から千代田線の日比谷駅に乗り換える場合

⇒『日比谷駅 有楽町線 千代田線

【ご案内】『駅ホーム降車位置情報』について

当サイトでは、駅ホーム停車位置情報というページを公開しています。

このページは、首都圏をはじめとした関東エリアを中心に、一部駅を除いた北海道から九州までの各エリアの新幹線ホーム、北海道の札幌圏の一部駅など各駅ホームの改札口や階段・エスカレーター・エレベーターなどそれぞれに一番近い号車とドアの位置の情報(停車位置の情報)を紹介しています。

『駅ホーム停車位置情報』概要

このページは

今乗っている列車で○号車の○番目のドアが階段・エスカレーター・エレベーターに一番近い

というのをあらかじめ確認しておく事で、駅ホームから改札口への移動または他線(新幹線や他社線など)への乗り換えをスムーズに行う事が主な目的です。

対応エリア

対応している主なエリアは

  1. 一部を除く全国各地の新幹線各駅
  2. 首都圏中心の関東エリア(東京県・埼玉県・神奈川県など)のJR各在来線、地下鉄、私鉄、第三セクター各駅

が中心となっており、他には

  1. 千葉県・茨城県・栃木県・群馬県の各県から東京方面へ行き来できる一部のJR線各駅
  2. 北海道の札幌圏一部駅(JR線、札幌市営地下鉄)
  3. 新千歳空港や羽田空港、成田空港各駅および、関西空港駅などをはじめとした一部エリアの空港アクセス駅

に対応しています。

JR各新幹線(JR北海道・JR東日本・JR東海・JR西日本・JR九州各エリア)

一部駅を除いた全国各地の新幹線各駅ホームの停止位置情報(号車とドアの位置)が確認できます。

  • 北海道新幹線(新函館北斗駅、木古内駅、新青森駅)
  • 東北新幹線(全駅)
  • 上越新幹線(上毛高原を除く各駅)
  • 北陸新幹線(安中榛名を除く各駅)
  • 東海道新幹線(全駅)
  • 山陽新幹線(全駅)
  • 九州新幹線(全駅) ※西九州新幹線は除く

北海道地方(JR北海道・札幌市営地下鉄)

新函館北斗駅(北海道新幹線)と快速エアポートの停車駅を中心とした札幌圏の一部JR線や、『大通』駅を中心とした札幌市営地下鉄の一部駅ホーム停止位置情報(車両とドアの位置)が確認できます。

東日本地方(新幹線・在来線・私鉄・東京モノレールなど)

首都圏とその周辺エリアを中心とした関東エリアの各新幹線や、一部の特急列車を含んだJR線および、地下鉄、私鉄各社の各駅ホームの停止位置情報(号車とドアの位置)が確認できます。

空港アクセス(新千歳空港駅・羽田空港・成田空港各駅、関西空港駅など)

新千歳空港駅や成田空港・羽田空港各駅および、関西空港駅など、一部の空港直結の駅ホーム停止位置情報(号車とドアの位置)が確認できます。

スポーツ観戦・商業施設・イベントホール最寄りなど

野球場や陸上競技場(サッカーなど)、大型商業施設やイベントホール(コンサート会場など)、観光スポットなどの最寄り駅ホームの停止位置情報(号車とドアの位置)の確認が出来ます。 ※情報は随時追加予定です。

検索ボックス

ページ下には駅名を検索出来る検索ボックスを設置しています。探したい駅の鉄道会社や路線名が分からない場合等に活用が出来ます。

ドア番号(○号車○番ドア)の併記について

首都圏の路線を中心にドアの位置の部分にドア番号『(○号車○番ドア)』を併記しております。号車とドアの位置とドア番号の情報を正しく確認出来れば、改札口から目的地までの移動または他社線などへの乗り換えまでがスムーズに出来ます。

駅ホーム停車位置情報ページ』の詳細は↓↓こちらから↓↓

タイトルとURLをコピーしました