【JR北海道】キハ201系『ニセコライナー』

鉄道

本ページでは、札幌~倶知安間を走行する快速『ニセコライナー』について解説します。

蘭越・倶知安~札幌間を函館本線を経由して運行する快速列車『ニセコライナー』

その前身として、快速『マリンライナー』一部列車が小樽以西、長万部まで直通で運転していました。2019年7月現在、蘭越・倶知安~小樽までは各に停車する普通列車として運行し、小樽から札幌まで『ニセコライナー』として快速運転を行っています。

運行区間

札幌~倶知安・蘭越間

停車駅

蘭越、昆布、ニセコ、倶知安、小沢、銀山、然別、仁木、余市、蘭島、塩谷、小樽、南小樽、小樽築港、手稲、琴似、札幌 ※札幌発(上り)は倶知安までの運転となります。

使用車両

キハ201系気動車

小樽駅に停車中のキハ201系 快速「ニセコライナー」

苗穂運転所所属の気動車で、1997年3月22日のダイヤ改正より営業運転開始。3両1編成が基本となっています。

外観は731系電車とそっくり(というかほぼ同じ)ですが、れっきとした気動車です。731系との違いは、側面の帯の色が赤色ではなく青色であること、車体上部にパンタグラフが無い事などがあります。

731系電車(函館本線小樽築港駅)

性能

450ps のエンジンを1両あたり2基搭載しているため、起動加速度が2.2km/h/sと電車並みの加速力となっていますが、製造コストが非常に高いため(1編成12億円)4編成までしか造られませんでした。

現在は札幌圏の普通・快速列車を中心に運行しています。

ニセコライナーの行先表示幕

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

運行ダイヤ

札幌方面(下り)

朝の蘭越6:16発・札幌行は3両編成での運行。蘭越から小樽までは普通列車で運行し、小樽から終点札幌までは快速ニセコライナーとして運転します。

  小樽・札幌方面(下り)
蘭越 6:16 発
昆布 6:21 発
ニセコ 6:39 発
比羅夫 6:47 発
倶知安 6:54 着
6:58 発
小沢 7:08 発
銀山 7:19 発
然別 7:30 発
仁木 7:34 発
余市 7:40 発
蘭島 7:45 発
塩谷 7:52 発
小樽 8:01 着
8:22 発
南小樽 8:25 発
小樽築港 8:28 発
手稲 8:48 発
琴似 8:56 発
札幌 9:01 着

小樽・倶知安方面(上り)

夕方の札幌17:50発・倶知安行は小樽まで3両+2編成の6両編成で運行。小樽までニセコライナーとして快速運転を行っています。

小樽で後ろ3両を切り離し、以降は前側3両で倶知安まで運転します。なお、小樽からは終点の倶知安まで各駅に停車します。

  小樽・倶知安方面(上り)
札幌 17:50 発
琴似 17:55 発
手稲 18:03 発
小樽築港 18:23 発
南小樽 18:26 発
小樽 18:29 着
18:38 発
塩谷 18:48 発
蘭島 18:55 発
余市 19:03 発
仁木 19:09 発
然別 19:14 発
銀山 19:25 発
小沢 19:35 発
倶知安 19:46 着

スポンサーリンク

『JR北海道』関連ページ

JR北海道では、札幌圏をはじめ、以下の列車が運用しています。詳細は以下のリンクから。

普通列車(札幌圏)

区間快速いしかりライナー(2020年3月13日運行終了)

快速エアポート(札幌圏:721系・733系)

はこだてライナー(函館エリア:733系1000番台)

 

その他

JR北海道各駅の階段やエスカレーター・エレベーターに近い停止位置情報は↓こちら

JR北海道降車位置情報トップ

タイトルとURLをコピーしました