【所要時間・運賃比較など】札幌~東室蘭・室蘭間のJR特急と高速バス『むろらん号』『白鳥号』

運賃・運行本数比較

札幌から室蘭へ移動する際の公共交通手段として、JRと高速バスがあります。本ページではJR北海道の特急スーパー北斗・すずらんと高速バスの所要時間・運賃・運行本数などを比較したものをまとめました。

スポンサーリンク

『スーパー北斗』『すずらん』所要時間・運行本数・停車駅・運賃

所要時間

室蘭~札幌間

およそ1時間45分 ※特急『すずらん』のみ

東室蘭~札幌間

およそ1時間20~35分

運用本数

スーパー北斗

1日12往復(札幌~東室蘭間)

すずらん

1日6往復(札幌~東室蘭1往復、札幌~室蘭5往復)

スポンサーリンク

停車駅

室蘭(※)・母恋(※)・御崎(※)・輪西(※)・東室蘭・鷲別・幌別・登別・苫小牧・沼ノ端・南千歳・千歳・新札幌・札幌

※:スーパー北斗全列車とすずらん2号・5号は停車しません。

運賃

片道利用(特急利用時)

自由席利用:4690円 ※内訳:普通乗車券2860円+自由席特急券1830円

指定席利用:5220円 ※内訳:普通乗車券2860円+指定席特急券2360円

往復利用(特急利用時)

5230円(片道実質2615円) ※内訳:乗車券往復割引きっぷ4490円、すずらんオプション特急券往復分740円

すずらんオプション特急券利用時の注意事項

すずらんオプション特急券は『乗車券往復割引きっぷ』との組み合わせに限り利用が出来る片道きっぷです。そのため、往復での利用が前提となります。また、普通乗車券や他のフリーきっぷ等との組み合わせは出来ません。

すずらんオプション特急券は特急『すずらん号』に限り普通車自由席の利用が出来るきっぷです。指定席の利用や『スーパー北斗』『北斗』の乗車は出来ません。

特急『スーパー北斗』『すずらん』メリット・デメリット

メリット

高速バスに比べて所要時間が圧倒的に速く、1時間程度早く到着ができます。この時間差を考えるとかなり大きいと感じるかもしれません。すずらんは自由席主体の特急ですが、座席がリクライニングシートなのでゆったりとくつろぐ事が出来ます。

デメリット

高速バスに比べ、目的地までは速く到着出来ますが、運賃が高めとなります。乗車券往復割引きっぷ+すずらんオプション特急券の併用でもバスとでは500円以上差がついてしまいます。

スーパー北斗・すずらんの詳細や、列車の運転時刻・運賃・特急券等の詳細は、JR北海道ホームページで確認できます。

スポンサーリンク

高速バス『高速むろらん号』『高速白鳥号』所要時間、運行本数、運賃

札幌から室蘭方面へはJRだけでなく、中央バスの『高速むろらん号』、道南バスの『高速白鳥号』が1日14往復共同で運行しています。

所要時間

札幌駅前ターミナル~東室蘭駅前

およそ2時間23分 ※道路状況により若干の変動あり

札幌駅前ターミナル~市役所北(※室蘭駅前最寄り)

およそ2時間37分 ※道路状況により若干の変動あり

運行本数(むろらん号・白鳥号共同)

1日14往復

運賃

片道:2100円、往復:3940円、4枚綴り回数券:7340円

運行バス会社

高速むろらん号

北海道中央バス(ホームページ

高速白鳥号

道南バス(ホームページ

高速バス『高速むろらん号』『高速白鳥号』メリット・デメリット

メリット

JRに比べて運行本数が多いです。そのため、出張や観光など計画が立てやすいかもしれません。さらに、JRと比べて運賃が安いです。片道利用だけでも数百円違います。往復利用、回数券利用だとさらに安くなります。

高速むろらん号に限り、ICカード乗車券で利用が出来ます。 ※高速白鳥号では利用できません。

デメリット

やはりネックなのは所要時間。JRに比べて1時間程度長く掛かります。この時間差は大きいと感じるかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました