経路(ルート)案内

【JR東京駅】中央線ホームから東海道新幹線への乗り換えルート

JR中央線東京駅のホームから東海道新幹線までの乗り換えルートです。これから紹介する道順通りに進んでいけば、迷うことなく乗り換えが出来ます。

乗り換え時間は列車を降りて、新幹線のりかえ改札を通ってホームに到着するまでどんなに急いでも5分前後掛かります。そのため、時間には余裕を持って行動するようにしましょう。

スポンサーリンク

東京駅中央線は何番線ホーム?

JR東京駅の中央線ホームは丸の内口寄りの1・2番線ホームに到着します。

主に高尾・青梅方面からの10両編成の列車が到着し、一部時間帯には松本・甲府方面からの特急列車も到着します。

駅ホーム上には下り階段やエスカレーターが複数箇所あり(画像上)、エレベーターが丸の内南口方面寄りの1号車乗車口付近に1ヶ所あります。(画像下)

東海道新幹線の乗り換え口について

東海道新幹線への乗り換え口は、『東海道新幹線中央のりかえ口』と『東海道新幹線南のりかえ口』の2ヶ所あります。

新幹線の自由席(主に1号車から3号車)から8号車付近に行きたい場合、もしくは新幹線のりばへエレベーターを使って移動したい場合は『東海道新幹線南のりかえ口』方面へ、9号車から16号車へ行きたい場合は『東海道新幹線中央のりかえ口』方面へそれぞれ進みます。

『新幹線南のりかえ口』と『新幹線中央のりかえ口』の違い

新幹線南のりかえ口』と『新幹線中央のりかえ口』には1つ大きな違いがあります。それは上記にもさらっと書きましたが『エレベーター』があるかないかです。

新幹線南のりかえ口』からは14番線ホームから19番線ホームまでの全ホーム共通で、改札コンコース階と新幹線ホーム階をエレベーターで移動する事ができます。

逆に『新幹線中央のりかえ口』からはホーム階の移動手段がエスカレーターまたは階段(こちらも全ホーム共通)でエレベーターはありません。

そのため、乗り換えの際に段差を伴わない移動をしたい場合は『新幹線南のりかえ口』からの乗り換えが必要となります。

東海道新幹線の乗り換えルート

次に乗り換えルートを紹介します。最短ルート(階段での移動を伴うルート)とバリアフリールート(エレベーターとスロープを使って移動するルート)の2パターンです。

最短ルート(東海道新幹線中央のりかえ口方面)

まずは最短ルートから。『八重洲中央口』方面のルートを通ります。7号車の進行方向3番目のドア(『7号車3番ドア』)からエスカレーターで1階を降りると、八重洲中央口・丸の内中央口改札方面への中央通路前に着くので、左に進みます。

東京駅中央線ホームの停止位置情報は↓こちら

 

そのまままっすぐ歩きます。

 

東北新幹線南のりかえ口と東海道新幹線中央のりかえ口が見えます。手前の階段を上って右斜め方向へ進みます。

 

ここが『東海道新幹線中央のりかえ口』です。

 

ここまでの所要時間は5分弱とスムーズに移動する事が出来ます。

バリアフリールート(東海道新幹線南のりかえ口方面)

次にバリアフリールート。段差を伴わない移動をしたい場合は、八重洲南口方面のルートを通り、『新幹線南のりかえ口』方面へ向かいます。

中央線ホームから改札コンコース階(1階)までエレベーターで移動します。エレベーターは1号車の進行方向3番目のドア(『1号車3番ドア』)の目の前にあります。

東京駅中央線ホームの停止位置情報は↓こちら

 

エレベーターを降りたら、左へ進んで八重洲南口改札方面への通路へ向かいます。

 

そのまままっすぐ歩きます。

 

八重洲南口』方面への通路が見えたら左へ進みます。

 

そのまままっすぐ歩くと、東海道線7・8番線ホームと9・10番線ホームの間の通路を左に進みます。

 

まっすぐ進むと新幹線南のりかえ口方面へのスロープがあります。このスロープを渡って右斜め方向へ進みます。

 

東海道新幹線南のりかえ口』に到着します。中央線ホームからここまでの所要時間はおよそ6分~7分程度といった所。(キャリーケースなどの大きな荷物を持っての移動、またはベビーカーで移動する事を想定した場合)

ただし、エレベーターの待ち時間によってはもっと掛かる場合もありますので時間には余裕を持って行動するようにしましょう。

タイトルとURLをコピーしました