【Windows 10】プリンターをネットワーク上で共有する

Windows
 

Windows 10では、プリンターをケーブルで直接接続するだけではなく、ネットワーク経由で利用する事が出来ます。

手順は以下の通りです。

画像のプリンターは『CANON MG7700』となっていますが、設定方法は共通です。

設定の際、プリンターの電源が入っている事、ネットワーク接続が可能な状である事をあらかじめ確認してください。

スポンサーリンク
Sponserd Link

ネットワーク共有設定

画面左下『スタート(1)⇒『設定(歯車のマーク)(2)の順に選択します。

 

デバイス』を選択。

上記設定画面は、Windows ロゴキー + iで一発起動する事も可能です。

 

プリンターとスキャナー』を選択します。

 

ここでプリンターをネットワーク経由で利用するための設定を行います。『プリンターまたはスキャナーを追加します』の左にある『』を選択。

 

プリンターとスキャナーを検索しています』と表示されるのでしばし待機...

 

利用できるプリンターが見つかったら(画像上)、デバイスをクリックして『デバイスの追加』を選択します。(画像下)

 

接続試行中』と表示されるのでしばし待機...

 

準備完了』と表示されたら接続完了です。

 

接続完了後、『プリンターとスキャナー』の一覧に追加されるので、追加されたプリンター ⇒『管理』の順に選択。

 

ここから追加したプリンターのテストページ印刷や印刷設定などが出来ます。

Sponserd Link

既定のプリンターに設定する

Windows 10 では最後に利用したプリンターを既定のプリンターとする仕様となっています。既定のプリンターを固定したい場合は、以下の通りに設定します。

 

画面左下『スタート(1)⇒『Windows システムツール(2)⇒『コントロールパネル(3)の順に選択します。

 

ハードウェアとサウンド』を選択。

 

デバイスとプリンター』を選択。

 

画面を下にスクロールし、『プリンター』内にある先ほど追加したプリンター名の上でマウスを右クリックし、『通常使うプリンターに設定』を選択。

 

このプリンターを通常使うプリンターに設定すると、Windowsは通常使うプリンターの管理を停止します。』というポップアップウィンドウが表示されるので、『OK』を選択。

 

緑色のチェックマークが追加されたら設定完了です。

 

 

タイトルとURLをコピーしました