【Windows 10】予測変換候補の表示タイミングを変更

Windows10

本ページでは、Windows 10 に搭載の「Microsoft IME」での予測変換候補の表示タイミングの設定変更および、機能の無効化の方法について解説します。

Windows10標準搭載のMicrosoft IMEでは、予測変換候補という機能があります。テキストエディタなどで全角で文字入力すると変換候補が一覧で表示されるもので、1文字目を入力すると以下の通り予測変換候補が表示されるようになっています。

変換候補の表示タイミングを変更したい、もしくは変換機能そのものが不要であるという場合、以下の手順で設定を変更することが出来ます。

スポンサーリンク

予測変換候補の変更手順

デスクトップの右下にある「あ」または「A」と表示されているアイコンを右クリック。

「プロパティ」を選択

「Microsoft IME の設定」が表示されたら、「詳細設定」をクリック。

「Microsoft IME の詳細設定」が表示されたら、「予測入力」をクリック。

「予測候補を表示するまでの文字数」の初期値が「1」となっています。(1文字入力すると変換候補が表示される)

予測入力設定変更前(初期値は1となっている ※赤枠部分)

これを環境に合わせて任意で変更します。(1)変更後、「適用」(2)「OK」(3)の順にクリック。(例では「5」としています)

設定の適用後、指定した入力文字数で予測変換候補が表示されるようになります。 ※「旅行」と入力しようとした例。今回は「5」と設定しているので、ローマ字「ryokou」の5文字目「o」入力後に予測変換候補が表示されます。

以上が予測変換候補の変更手順となります。

予測変換候補の無効化

予測変換候補が不要である場合、以下の手順で機能を無効化することが出来ます。

「予測入力」画面で、「予測入力を使用する」のチェックを外します。(1)チェックを外したら、「適用」(2)「OK」(3)の順にクリック。

以上が予測変換の変更および、無効化の手順となります。本記事が参考にあれば幸いです。

スポンサーリンク

『Windows 10』関連ページ

 

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました