【Windows10】スタートアップにアプリを登録・無効化する方法

Windows10

本ページでは、Windows 10 の『スタートアップ』機能でパソコン起動時に自動的に起動したいアプリケーションを登録する方法および、無効化(削除)する方法を解説します。

スポンサーリンク

スタートアップ登録手順

まずは登録の手順から。以下の通りに行います。

まずは『スタートアップ』フォルダを開きます。『スタート』(Windowsロゴ)キーと『R』を同時押し。『ファイル名を指定して実行』と表示されたら、『shell:startup』と入力して『OK』とクリック。

      

『スタートアップ』フォルダが開かれます。

参考:『スタートアップ』フォルダの場所

『C:\Users\ユーザ名\AppData\Roaming\Microsoft\Windows\Start Menu\Programs\Startup\』配下

『ユーザ名』は、パソコンのユーザ名に置き換えます。

まずはスタートメニュー上のプログラムの場所を開きます。『スタート』⇒起動したいアプリケーション上で右クリック⇒『その他』⇒『ファイルの場所を開く』の順に選択

 

プログラムファイルの場所が表示されるので、ファイルを右クリック⇒『コピー』の順に選択

 

『スタートアップ』フォルダ上で右クリック⇒『ショートカットの貼り付け』の順に選択。

 

貼り付けが完了したら、以下の手順で『スタートアップ』内に追加したアプリが反映されているか確認します。『スタート』(Windowsロゴ)⇒『設定』(歯車のマーク)の順に選択。『Windows の設定』画面で『アプリ』を選択。

 

左下にある『スタートアップ』を選択し、『スタートアップ』内に追加したアプリが反映されている事を確認出来れば追加設定は終わりです。次回パソコン立ち上げ時に設定したアプリが自動的に起動すれば成功です。

スポンサーリンク

スタートアップの無効化・削除

次にスタートアップの無効化(削除)の方法です。以下の方法で行います。

設定画面からオフ・オンの切り替え

『スタート』(Windowsロゴ)⇒『設定』(歯車のマーク)の順に選択。『Windows の設定』画面が表示されるので、『アプリ』を選択。

左下にある『スタートアップ』を選択し、『スタートアップ』内にある一覧のうち、無効化したいアプリのトグルをOFFにすればOK。

『スタートアップ』フォルダから完全に削除

『スタートアップ』フォルダを開きます。『スタート』(Windowsロゴ)キーと『R』を同時押し。『ファイル名を指定して実行』と表示されたら、『shell:startup』と入力して『OK』をクリック。

 

『スタートアップ』フォルダが開かれるので、削除したいショートカットファイルを右クリック⇒『削除』で削除すれば完了です。

 

これで次回パソコン起動時以降、アプリケーションが自動で起動されなくなります。

以上がWindows 10での『スタートアップ』ファイルの設定および削除の方法です。参考になれば幸いです。

以上がiTunesのアンインストールから再インストールまでの手順となります。本記事が参考になれば幸いです。 

スポンサーリンク

『Windows 10』関連ページ

タイトルとURLをコピーしました