【Word/Excel】QRコードを作成する方法

Windows
 

このページでは、Microsoft Office Word/Excel (Microsoft 365)でQRコードを作成する方法を紹介します。

本ページでの手順は以下のバージョンで作成しています。

Microsoft Excel 2016(Microsoft 365)

  • バージョン:2201 ビルド 16.0.14827.20158) 64 ビット
スポンサーリンク
Sponserd Link

事前準備(Microsoft Accessを導入していない場合)

Word/Excel上でQRコードを作成する場合、『Microsoft Access 2016』以降、または『Microsoft Access 2016 Runtime』のいずれかを導入する必要があります。

また、作成時に使用する『Microsoft Barcode Control』のバージョンが13以前の場合、QRコードの作成は出来ません。

以下が『Microsoft Access 2016 Runtime』のダウンロードページです。

上記ページからダウンロードおよびインストール作業を行います。

QRコードを作成する

Accessをインストールしたら、早速QRコードを作成してみましょう。

EXCELで作成

Excelを起動します。起動したら、新しいブックまたはQRコードを導入したいブックを選択します。開いたら、QRコードを作成するための事前設定を行います。左上の『ファイル』タブをクリック「します。

 

左下の『オプション』をクリックします。

 

リボンのユーザ設定(1)をクリックし、『リボンのユーザ設定(B)』の下にある『メインタブ』内にある『開発(2)にチェックが入っていない場合はチェックを入れテ『OK(3)をクリックします。これで事前設定は完了です。

 

ホーム画面に戻ったら、右から2番目にある『開発(1)タブをクリックし、『挿入(2)⇒『開発(1)⇒『コントロールの選択(3)(赤枠)の順にクリックします。

 

コントロールの選択』ウィンドウが表示されたら、『Microsoft Barcode Control 16.0(1)を選択して『OK(2)をクリックします。

 

すると、マウスカーソルが『』に変化しますので、QRコードを作成したい箇所をクリックするとバーコードが作成されます。作成後、任意の大きさに調整が出来ます。

 

次に作成したバーコード上でマウスを右クリックして『プロパティ』を選択します。

 

BarCodeControl』のプロパティ画面が表示されました。左の画面が初期値で、右がQRコード用にバーコードのスタイル(バーコード⇒QRコードへ変更)とアクセス先のURLを指定しています。オブジェクト名『Style』と『Value』を以下の通りにそれぞれ変更します。

  • Style:11
  • Value:アクセス先のURL

 

値をそれぞれ変更すると、以下の通りQRコードに変化します。これがExcelでQRコードを作成する方法です。作成後、スマートフォンなどでコードが正常に読み取れるか、設定したURLにジャンプできるかをそれぞれ試してみてください。

Sponserd Link

Wordで作成

次にWordで作成してみます。手順はあまり変わりません。Wordを起動します。起動後、Excelと同様にQRコードを作成するための事前設定を行います。左上の『ファイル』タブをクリック「します。

 

左下の『オプション』をクリックします。

 

リボンのユーザ設定(1)をクリックし、『リボンのユーザ設定(B)』の下にある『メインタブ』内にある『開発(2)にチェックが入っていない場合はチェックを入れテ『OK(3)をクリックします。これで事前設定は完了です。

 

ホーム画面に戻ったら、右から2番目にある『開発(1)タブをクリックし、『挿入(2)⇒『開発(1)⇒『コントロールの選択(3)(赤枠)の順にクリックします。

 

コントロールの選択』ウィンドウが表示されたら、『Microsoft Barcode Control 16.0(1)を選択して『OK(2)をクリックします。

 

文書上にバーコードが作成されます。

 

次に作成したバーコード上でマウスを右クリックして、『プロパティ』を選択します。

 

BarCodeControl』のプロパティ画面が表示されました。左の画面が初期値で、右がQRコード用にバーコードのスタイル(バーコード ⇒ QRコードへ変更)とアクセス先のURLを指定しています。オブジェクト名『Style』と『Value』を以下の通りにそれぞれ変更します。

  • Style:11
  • Value:アクセス先のURL

 

値をそれぞれ変更すると、以下の通りQRコードに変化します。これがExcelでQRコードを作成する方法です。作成後、スマートフォンなどでコードが正常に読み取れるか、設定したURLにジャンプできるかをそれぞれ試してみてください。

Sponserd Link

まとめ

これがWord/ExcelでQRコードを作成する方法です。基本的な流れとして

  1. Access 2016 Runtime の導入
  2. リボンのユーザ設定で『開発』タブを有効化
  3. バーコードを作成
  4. バーコードのスタイルをQRコードに変更し、読み取り先のURLを指定

となっています。Word/Excelでも手順にそれほど違いはありません。

最初の設定が必要であるという事に気づきにくいかもしれませんが、一度設定してしまえば後は簡単に作成する事が出来ます。

業務で作成する機会がもしあるなら、ぜひ試してみてください。

本ページが参考になれば幸いです。

Sponserd Link

【ご案内】『駅ホーム降車位置情報』ページについて

当サイトでは、駅ホーム降車位置情報というページを公開しています。

このページは、首都圏をはじめとした関東エリアを中心に、一部駅を除いた北海道から九州までの各エリアの新幹線ホーム、北海道の札幌圏の一部駅など各駅ホームの改札口や階段・エスカレーター・エレベーターなどそれぞれに一番近い号車とドアの位置を紹介しています。

『駅ホーム降車位置情報』概要

駅ホーム降車位置情報』の概要について解説します。このページは

今乗っている列車で○号車の○番目のドアが階段・エスカレーター・エレベーターに一番近い

というのをあらかじめ確認しておく事で、駅ホームから改札口への移動または他線への乗り換えをスムーズに行う事が主な目的です。

『駅ホーム降車位置情報』対応エリア

対応している主なエリアは

  1. 一部を除く全国各地の新幹線各駅
  2. 首都圏中心の関東エリア(東京県・埼玉県・神奈川県など)のJR各在来線、地下鉄、私鉄、第三セクター各駅

が中心となっており、他には

  1. 千葉県・茨城県・栃木県・群馬県の各県から東京方面へ行き来できる一部のJR線各駅
  2. 北海道の札幌圏一部駅(JR線、札幌市営地下鉄)
  3. 羽田空港、成田空港をはじめとした一部エリアの空港アクセス駅

に対応しています。

JR各新幹線(JR北海道・JR東日本・JR東海・JR西日本・JR九州各エリア)

一部駅を除いた全国各地の新幹線各駅ホームの停止位置情報(号車とドアの位置)が確認できます。

  • 北海道新幹線(新函館北斗駅、新青森駅)
  • 東北新幹線(七戸十和田を除く各駅)
  • 上越新幹線(上毛高原を除く各駅)
  • 北陸新幹線(安中榛名を除く各駅)
  • 東海道新幹線(全駅)
  • 山陽新幹線(全駅)
  • 九州新幹線(全駅) ※西九州新幹線は除く

駅ホーム降車位置情報ページ』の詳細は↓↓こちらから↓↓

北海道地方(JR北海道・札幌市営地下鉄)

新函館北斗駅(北海道新幹線)と快速エアポートの停車駅を中心とした札幌圏の一部JR線、『大通』駅を中心とした札幌市営地下鉄の一部駅ホーム停止位置情報(車両とドアの位置)が確認できます。

駅ホーム降車位置情報ページ』の詳細は↓↓こちらから↓↓

東日本地方(新幹線・在来線・私鉄・東京モノレールなど)

首都圏とその周辺エリアを中心とした関東エリアの各新幹線や一部の特急列車を含んだJR線および、地下鉄、私鉄各社の各駅ホームの停止位置情報(号車とドアの位置)が確認できます。

駅ホーム降車位置情報ページ』の詳細は↓↓こちらから↓↓

空港アクセス(新千歳空港・羽田空港・成田空港など)

新千歳空港駅や成田空港駅および羽田空港駅など、一部の空港直結の駅ホーム停止位置情報(号車とドアの位置)が確認できます。

駅ホーム降車位置情報ページ』の詳細は↓↓こちらから↓↓

スポーツ観戦・商業施設・イベントホール最寄りなど

野球場や陸上競技場(サッカーなど)、大型商業施設やイベントホール(コンサート会場など)、観光スポットなどの最寄り駅ホームの停止位置情報(号車とドアの位置)の確認が出来ます。 ※情報は随時追加予定です。

駅ホーム降車位置情報ページ』の詳細は↓↓こちらから↓↓

検索ボックス

ページ下には駅名を検索出来る検索ボックスを設置しています。探したい駅の鉄道会社や路線名が分からない場合等に活用が出来ます。

ドア番号(○号車○番ドア)の併記について

首都圏の路線を中心にドアの位置の部分にドア番号『(○号車○番ドア)』を併記しております。号車とドアの位置とドア番号の情報を正しく確認出来れば、改札口から目的地までの移動または他社線などへの乗り換えまでがスムーズに出来ます。

駅ホーム降車位置情報ページ』の詳細は↓↓こちらから↓↓

タイトルとURLをコピーしました