【グリーン車】Suicaを使って宇都宮線グリーン車に乗る方法と料金・運行区間など

鉄道

本ページでは、SuicaなどのICカード乗車券を使っておトクにグリーン車を利用する方法を解説します。

関東の多数エリアで運用している『普通(快速)列車グリーン車』

ICカード乗車券によるグリーン乗車のサービスが開始される以前から、東海道線横須賀・総武線快速などで普通列車のグリーン車サービスは提供されていましたが、2004年10月以降、宇都宮線・高崎線をはじめ、グリーン車を連結する東日本エリア全線にてSuicaでのグリーン券乗車が可能となりました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

グリーン料金

まずは料金ですが、乗車距離やグリーン券の購入のタイミングにより料金が異なります。下記の通り、乗車距離が50kmを境に料金が210円上がります。

次にグリーン券購入のタイミング。グリーン券購入の上で、ここが特に重要となっています。そのタイミングとは、グリーン車乗車前にあらかじめ購入する『事前料金』か、乗車後に車内で購入する『車内料金』の2つに分かれます。

事前料金

列車乗車前にあらかじめ購入する方法です。方法はみどりの窓口または券売機で購入、または駅ホームにあるICカード専用のグリーン券売機で購入ができます。

グリーン料金は以下の通りです。

〇50kmまで・・・平日:780円、休日:580円

〇51km以上・・・平日:1,000円、休日:800円

車内料金

列車に乗車後、車内にてアテンダントからグリーン券を購入する方法です。ただし、車内で購入した場合、事前料金に260円が加算されます。

グリーン料金は以下の通りです。

〇50kmまで・・・平日:1,040円、休日:840円

〇51km以上・・・平日:1,260円、休日:1,060円

Suica専用券売機から実際に購入

それでは、実際にICカードを使って実際に購入する方法をご案内します。購入方法は東日本エリア共通です。路線別の違いは特にありません。とても簡単にできますので、機会があればぜひ一度お試しあれ。

以下の記事はICカード乗車券での購入方法です。iPhone(Apple Pay Sucia)でのグリーン券購入方法は↓こちらをご覧ください。

グリーン券売機へ向かう

駅ホーム上のグリーン車停止位置付近にICカード専用のグリーン券売機が設置されています。

券売機に近づくと、『Suicaを置いてください』と自動で表示されます。

手持ちのICカード乗車券を置きます。(赤枠内) ※PASMOやICOCA、KITAKAなどでもOK

降車駅を選択

以下の画面が表示されたら、降車駅を選択。

購入完了

『Suicaグリーン券情報を書き込みました』と表示されたら、購入完了です。有効期間は購入日当日までです。翌日以降の利用は出来ませんので要注意。

スポンサーリンク

グリーン車に乗車

購入手続き完了後、グリーン車に乗車します。列車は宇都宮・高崎線(両毛線)、東海道線、常磐線が10両編成または15両編成、横須賀・総武快速線・成田線は11両編成または15両編成で到着します。グリーン車は4号車と5号車に連結しています。

下の画像は、グリーン車の車内(平屋席)です。他には2階席と1階席があります。2×2の4列シートで、特急の普通車指定席とほぼ同等のグレードとなっています。

乗車後、座席上の赤ランプが点灯している座席に座り、先ほどグリーン券情報を書き込んだSuicaを座席の上部にあるSuicaマークにかざします。(赤枠

緑ランプに変わったら、あとは降車駅までゆっくりとくつろぎましょう。 ※ただし、乗り越しには要注意です。

肘掛けの側面に背もたれをリクライニングさせるボタンがあります。ボタンを押しながら背中で座席をグっと押すと倒すことができます。

座席背面に大型のテーブルがあります。お弁当を食べたり、パソコンを使って仕事もできます。(ただし、電源コンセントはありませんので注意。 ※今年から運行開始予定の横須賀線E235系1000番台電車から電源コンセントが搭載される模様です。)

テーブル下にはペットボトルなどの飲み物を置くことができます。

さいごに

以上がSuicaグリーン券の購入から乗車までの流れとなります。この列車は普通または快速列車なので、青春18きっぷや北海道東日本パス・休日お出かけパスなどの乗り放題系パスでも利用が出来ます。長距離移動の際には一度利用してみてはいかかでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました