【JR常磐線・成田線(我孫子経由)】号車とドア番号を確認する方法

鉄道
 

当ページでは土浦・取手方面および、成田方面から、途中柏・松戸・北千住を経由して上野・品川方面へ向けて走行する『JR常磐線・成田線』電車の号車とドア番号の確認方法について解説します。

スポンサーリンク
Sponsored link

東海道の車両は10両編成または15両編成

まずは『JR常磐線・成田線』車両の概要について簡単に紹介します。

常磐線(品川 ~ 土浦 間)を走行する電車は10両編成または15両編成での運行で、朝・夕の通勤・通学時間帯は主に15両編成での運行で、日中時間帯は10両編成も運行しています。

成田線(我孫子 ~ 成田 間)を走行する電車は5両編成または10両編成です。

使用している車両は取手止まりもしくは成田方面まで乗り入れるグリーン車なしの『E231系』または取手唐崎の土浦・勝田方面まで乗り入れるグリーン車あり『E531系』での運行です。(画像上が『E231系』、画像下が『E531系』)

 

E231系』『E531系』共にドア上部は文字案内板が搭載されており、列車の行き先や次の停車駅、列車運行情報などの確認ができます。

号車の確認方法

号車の確認方法を紹介します。号車を確認する方法は乗車前が1つ、乗車後に2つの計3つあります。

方法を紹介するその前に、常磐線の号車の順番を説明します。

上にも書いた通り、常磐線の電車は10両編成または15両編成での運行です。上野・品川方面(上り)、取手・土浦方面(下り)の順に解説します。

号車の順番(常磐線上り:上野・品川方面、成田線我孫子支線上り:我孫子方面)

上野・品川方面(常磐線上り)の先頭は『1号車』です。ここからうしろに行くにつれ、『2号車』⇒『3号車』⇒『4号車』⇒『5号車』⇒『6号車』⇒『7号車』・・・の順番となり、最後尾(取手・土浦方面)の先頭が『10号車』または『15号車』となります。

我孫子方面(我孫子支線上り)の先頭は10両編成時が『1号車』で、5両編成時が『11号車』です。ここからうしろに行くにつれ、『2号車(12号車)』⇒『3号車(13号車)』⇒『4号車(14号車)』・・・の順番となり、最後尾(成田方面)の先頭が10両編成時が『10号車』で、5両編成時が『15号車』となります。 ※( )内は、5両編成時の号車順です。

号車の順番(常磐線下り:取手・土浦方面、成田線我孫子支線下り:成田方面)

取手・土浦方面(常磐線下り)の先頭は『15号車』または『10号車』です。ここからうしろに行くにつれ、『14号車(9号車)』⇒『13号車(8号車)』⇒『12号車(7号車)』・・・の順番となり、最後尾(上野・品川寄り)の車両は『1号車』となります。 ※( )内は、10両編成時の号車順です。

成田方面(成田線我孫子支線下り)の先頭は10両編成時が『10号車』で、5両編成時が『15号車』です。ここからうしろに行くにつれ、『9号車(14号車)』⇒『8号車(13号車)』⇒『7号車(12号車)』・・・の順番となり、最後尾(上野・品川寄り)の車両は10両編成時が『1号車』、5両編成時が『11号車』となります。 ※( )内は、5両編成時の号車順です。

号車の順番の説明が終わったので、号車を確認する方法を紹介します。

確認方法その1:列車乗車前に確認する場合

まずは列車の乗車前に確認する方法を紹介します。

常磐線のホームドアは現状未設置のため、駅ホーム上の乗車位置足元にある『○号車乗車位置』(画像)、または号車を示す数字の記載で確認します。

常磐線では、15両編成時が青色の乗車位置、10両編成時が緑色の乗車位置となります。

 

上記以外に列車の車端部に号車を示す数字を見て確認する方法もありますが、始発駅以外では列車到着後、およそ30秒から1分後には出発してしまうため、じっくりと確認する余裕はないかもしれません。

確認方法その2:列車乗車後に確認する場合

次に列車の乗車後に確認する方法ですが、

  1. 車内の端の壁に貼ってある数字で確認する方法
  2. 乗降ドアに貼りつけてあるドア番号で確認する方法

の2通りあります。

E231系』の場合、号車を確認するには各車両の車端部にある号車を示す数字で確認します。

↓の画像の例では上が数字で『14』と記載されているので、『14号車』に、画像下は『』と表示されているので『9号車』乗車しているという事になります。

 

グリーン車乗車時は、文字案内板のそばに号車を示す数字があります。(画像上が平屋、画像下が1階または2階の文字案内板)

 

2つ目はア番号(○号車○番ドア)で確認する方法です。ドア番号は乗降ドアに貼り付けられており。画像上がグリーン車に乗車した場合、画像下が普通車に乗車した場合です。

Sponsored link

ドア番号の確認方法と順番

続いて、ドア番号の確認方法とドア番号の順番について紹介します。上野・品川方面(上り)、土浦・取手方面(下り)でドア番号の順番は異なります。

ドア番号の確認方法

まずはドア番号を確認する方法です。ドアは1両につき4ヶ所あり、全列車でドア番号の確認が出来ます。

確認は列車乗車後に可能で、ドアに貼っているシールで号車とドアの位置の確認が出来ます。(画像上がグリーン車に乗車した場合、画像下が普通車に乗車した場合)

ドア番号の順番

次に、ドア番号の順番について解説します。ドアは1両につき左右4ヶ所ずつの計8ヶ所あります。

上り:上野・品川方面(前から2両目の2番目のドアから乗車した場合)

上野・品川方面(上り)の先頭から数えた場合、ドア番号の順番は『1番ドア』から始まります。続いて『2番ドア』⇒『3番ドア』の順番となり、1番うしろのドアは『4番ドア』となります。

例として、東京駅から熱海行き15両編成電車の前から2両目の前から2番目のドアから乗車した場合、1番前が1号車です。前から2両目に乗車したので、2号車となります。

次にドア番号ですが、は1番前が『1番ドア』となるため、前から2番目のドアは『2番ドア』となります。

そのため、上記の例だと『2号車2番ドア』から乗車したということになります。

下り:取手・土浦方面(10両編成の前から3両目・3番目のドアから乗車した場合)

東京・新宿方面(上り)のドア番号ですが、上野・品川方面(上り)とは違って1番前のドアが『4番ドア』となります。続いて『3番ドア』⇒『2番ドア』の順番で1番うしろのドアが『1番ドア』となります。

例として、品川駅から取手行き電車の10両編成・前から3両目の3番目のドアから乗車した場合、1番前の車両は10両編成時は10号車となります。そのため、前から3両目の場合は2つうしろの車両となるため『8号車』となります。

ドア番号については、上にも書いた通り1番前が『4番ドア』となるため、2つうしろにある3番目のドアは『2番ドア』となります。

そのため、『8号車2番ドア』から乗車したということになります。

以上が『JR常磐線・成田線』列車でドア番号を確認する方法です。

Sponsored link

【参考】『駅ホーム降車位置情報』について

当サイトでは、『駅ホーム降車位置情報』というページを公開しています。

このページは、首都圏をはじめとした関東エリアを中心に、北海道から九州までの各エリアの新幹線ホーム(一部駅を除く)、北海道の札幌圏の一部駅など各駅ホームの改札口や階段・エスカレーター・エレベーターなどそれぞれに一番近い号車とドアの位置を紹介しています。

首都圏については、一部路線(路面電車など)を除いて対応しており、探したい駅名も概ね見つかるかと思います。

また、全路線ではありませんが、ドアの位置の部分にドア番号(○号車○番ドア)を併記しているため、上記の解説の通りに号車とドア番号を正しく確認する事ができれば、改札口から目的地までの移動または他社線などへの乗り換えまでがスムーズに出来るかと思います。

関連ページ

タイトルとURLをコピーしました