【Mozilla Thunderbird】メールのデータを新しいPCへ丸ごと移行する方法

Windows10

本ページでは、無料メールソフト「Mozilla Thunderbird」のメールデータを新しいPCへ丸ごと移行する手順を解説します。

手順は以下の通りです。

スポンサーリンク

事前準備

メールデータの移行にあたり、以下のディレクトリ配下にあるプロファイル「************.default」を外付けHDDなどにフォルダーごとコピーします。

C:\Users\%username%\AppData\Roaming\Thunderbird\Profiles ※コピペOK

これで旧PCから新しいPCへの移行準備は完了です。

新PCにThunderbirdを導入

次に新しいPCにMozilla Thunderbirdを導入します。

以下のURLからThunderbirdのインストーラーをダウンロードします。ダウンロードしたら、インストーラーを起動してインストールをします。

インストールが終わったら、Thunderbirdを起動します。ただし、セットアップはまだここでは行いません。一旦Thunderbirdのセットアップ画面(名前・ユーザ名・パスワード入力画面)を「キャンセル」でクローズします。

次に『起動時にThunderbirdが既定のクライアントとして設定されているか確認する』が表示されたら、右上の「×」でクローズします。

メールデータ(プロファイル)を移行。

旧PCからコピーしたThunderbirdのメールデータを移行します。

C:\Users\%username%\AppData\Roaming\」配下まで移動し、「Thunderbird」フォルダーがある事を確認し、旧PCからコピーしたプロファイル(「************.default」)を上記ディレクトリ配下へコピーします。

コピーしたら、同フォルダ内に自動作成されたプロファイルの名前を変更しておきます。

「Profiles.ini」を編集。

プロファイルのコピーが終わったら、一つ上の階層にある「profiles.ini」(※Thunderbird の設定ファイル)を編集します。

profiles.ini」を右クリック⇒「編集」でメモ帳にて起動します。(編集前にはバックアップを取っておく事を忘れずに。)

変更点は3ヶ所あります。

  • [Profile1]」内にある「Path=Profiles/********.default」の「********」をコピーしたプロファイル名に書き換えます。(1)
  • [Profile0]」内にある「Path=Profiles/********.default-release」の「********」をコピーしたプロファイル名に書き換えます。(2)
  • [General]」内にある「StartWithLastProfile=1」の数値を「1」から「0」に変更します。(3)

上記3項目の編集が終わったら、上書き保存してファイルを閉じます。

Thunderbirdを起動

設定ファイルの編集が終わったら、Thunderbirdを起動します。

ユーザプロファイルの選択」ウィンドウが表示されたら、「default」を選択。「今後このプロファイル」を使用するにチェックして「Thunderbird を起動」をクリック。

起動後、『起動時にThunderbirdが既定のクライアントとして設定されているか確認する』ウィンドウが表示された場合、右上の「×」で閉じます。

データが正しく移行されている事および、メールの送受信が正常に出来る事が確認出来たら移行は完了です。(メールの送受信は宛先を自分宛にする事で、送受信両方確認が出来ます。)

※移行が終わったら、旧プロファイル(新PCにて初回起動時に自動作成されたプロファイル)は削除しても問題ありません。

『Windows 10』関連ページ

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました