Windows

【Windows 10】回復ディスクを作成する方法

このページでは、Windows 10が正常に起動しなくなった場合など、OSの再インストールの際に使用する『回復ドライブ』の作成方法を解説します。

はじめに

  • 作成にあたり、USBメモリ(最低でも16GB以上はほしい。推奨は32GB以上)が必要となりますので、あらかじめ準備しておいてください。
  • ドライブの作成にあたり、ドライブ上のデータは全て削除されます。必要なデータが無いかあらかじめ確認しておいてください。
  • この作業は非常に時間が掛かります。(パソコンのスペックによっては数時間掛かる可能性もあり)そのため、以下の手順は時間に余裕があるときに行ってください。
スポンサーリンク

事前準備・確認

Win キー ⇒ 『設定(歯車マーク)』の順にクリックして設定画面を開きます。

システム』をクリック

 

電源とスリープ』をクリック。

 

電源』『スリープ』共に『なし』を選択

これで事前準備は完了です。

回復ドライブの作成

次に以下の手順でUSBメモリ上に回復ドライブの作成を行います。

下記のいずれかの手順でコントロールパネルを起動

  • Win キー ⇒ 『Windows システム ツール』 ⇒ 『コントロールパネル』の順にクリック。
  • Win + S キー で検索ボックスへ移動 ⇒ 『コントロールパネル』と入力し、『最も一致する検索結果』下に表示される『コントロールパネル』をクリック

システムとセキュリティ』をクリックします。

 

セキュリティとメンテナンス』をクリックします。

 

回復ドライブの作成』をクリックします。

 

回復』をクリックします。

 

このアプリがデバイスに変更を加えることを許可しますか?』ウィンドウが表示されたら、『はい』をクリック。

 

  • 回復ドライブの作成』ウィンドウが表示されたら、『システム ファイルを回復ドライブにバックアップします。』にチェックがついていることを確認(1)
  • 次へ』をクリックします。(2)

 

USB フラッシュ ドライブ の選択』画面に切り替わったら、USBドライブを選択(1)して『次へ(2)をクリック。

 

回復ドライブの作成にあたり、USBドライブ上のデータは全て削除されます。必要なデータが無いかを確認して問題が無ければ『作成』をクリック。

 

回復ドライブの作成中』ウィンドウに切り替わったら、回復ドライブの作成が始まります。冒頭でも書きましたが、作成が終わるまでに時間が掛かります。(性能によっては数時間程度掛かる可能性もあり)

回復ドライブの準備ができました』と表示されたら、『完了』をクリックして作成完了となります。

タイトルとURLをコピーしました