【Windows 10】新しいMicrosoft Edgeの検索エンジンを変更

Windows10

本ページでは、chromium版「Microsoft Edge」で検索エンジンをBingから他のエンジンに変更する方法を解説します。

従来のMicrosoftEdge同様、chromium版のEdgeのデフォルトの検索エンジンはマイクロソフトの「Bing」となっていますが、これを「Google」や「Yahoo」などといった他の検索エンジンに変更する事が出来ます。手順は以下の通りです。

スポンサーリンク

検索エンジンを「Bing」から「Google」に変更する

一例として、検索エンジンを「Bing」から「Google」に変更する手順で解説します。 ※「Google」以外でも手順は全く一緒です。

まずは「Microsoft Edge」を起動します。起動はタスクバーまたはスタートから起動します。

Windows 10からは既定のブラウザがInternet Explorer から Microsoft Edge へと変わっているため、手動で削除しない限りはタスクバーにある(はず)。

「Microsoft Edge」を起動したら、アドレスバーの右上にある「…」(1)「設定」(2)の順に選択。

画面左側の「設定」から、「プライバシーとサービス」を選択。

画面下までスクロールし、「サービス」内にある「アドレス バー」を選択。(ここがわかりづらかった)

「アドレス バーで使用する検索エンジン」が現在「Bing(推奨、規定値)」となっているので、Googleに変更したい場合、プルダウンから「Google」を選択します。

「新しいタブでの検索、検索ボックスまたはアドレス バーを使用する」という項目が新たに表示されます。ここでは「検索ボックス」または「アドレスバー」のいずれかを選択します。

「検索ボックス」選択時

新しいタブ ページの検索ボックスから検索すると、検索結果がBingで表示されます。 ※アドレスバー上で検索すると、指定した検索エンジンで検索結果が表示されます。

「アドレスバー」選択時

新しいタブ ページの検索ボックスが無効化され、アドレスバーから検索を行うようになります。(赤枠部分

以上が検索エンジンの設定変更手順です。設定時の参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

『Windows 10』関連ページ

 

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました