駅ホーム降車位置情報の見方について

スポンサーリンク

本ページでは、駅ホーム降車位置ページの見方や確認したい駅名を検索したい場合について説明します。

スポンサーリンク

車両位置・ドアの位置(『○号車』表記)

車両位置(『〇号車』表記)

車両位置については、大半の路線では『〇号車』と記載しています。自分が今何号車に乗っているかは、列車乗車前または乗車後のいずれかで確認が出来ます。

また、複数の編成(東海道線の15両編成と10両編成など)が到着する場合、ドアの位置が共通の場合は「○号車〔□号車〕」という表記とし、「〔 〕内は、○両編成時の号車です。」といった注釈を加えています。

列車乗車前(駅ホーム上)

駅ホーム上乗車位置の足元にある『〇号車乗車位置』、または号車を示す数字の記載で確認ができます。また、ホームドア設置駅では、乗車口付近に号車の記載があります。

列車乗車後(列車の車内)

列車乗車後に自分が今何号車に乗っているかを確認したい場合、車内の端の壁にある数字またはドア上部の液晶ディスプレイで確認が出来ます。(液晶ディスプレイが搭載されている路線(列車)は一部のみです。)

ドアの位置

ドアの位置は列車の進行方向から数えて何番目のドアかを表しています。(記載例:進行方向1番前のドア、進行方向〇番目のドア、進行方向1番うしろのドア など)

表記例

下の画像はJR山手線の例です。

列車上の数値が『』、進行方向から数えての1番目のドアが赤枠で囲まれているため、『1号車の進行方向1番前』のドアが一番近いという意味になります。 ※ドアの位置は、ホームドアに記載のドア番号(〇番ドア)とは異なります。 

車両位置・ドアの位置(『○両目』表記)

車両の位置

次に『〇両目』表記。以下の場合は『〇号車』ではなく、『〇両目』表記としています。ケース毎に記載方が異なります。

また、複数の編成(東海道線の15両編成と10両編成など)が到着する場合、ドアの位置が共通な場合に限り「○両目〔□両目〕」という表記とし、「〔 〕内は、○両編成時の号車です。」といった注釈を加えています。

号車の確認が車内(列車乗車後)・駅ホーム上(列車乗車前)共にない場合

駅ホーム上にて号車位置表示がなく、かつ車内で号車表示の案内(車内に号車を表す数字)もない場合、『〇号車』ではなく『〇両目』と記載しています。(号車表示の確認が出来る列車と出来ない列車が混在している場合も含みます。)

上の画像は西武新宿線・池袋線・拝島線の例です。池袋・新宿方面(上り)、本川越・飯能方面(下り)共に『1両目』が一番近いという意味になります。 ※画像上の数値は号車ではありません。

号車の確認が車内(列車乗車後)には無いが、駅ホーム上(列車乗車前)にある場合

車内(乗車後)にて号車位置表示が無いが(ある列車とない列車が混在している場合も含む)、駅ホーム上に号車位置表示がある場合、『〇両目〔〇号車〕』表記としています。号車位置は乗車駅のホーム上で確認ができます。

西馬込・羽田空港方面の場合が『1両目〔1号車〕』が、押上・成田空港方面の場合は『1両目〔8号車〕』一番近いという意味になります。 ※画像上の数値は号車ではありません

ドアの位置

次にドアの位置。ドアの位置は列車の進行方向から数えて何番目のドアかを表しています。(記載例:進行方向1番前のドア、進行方向〇番目のドア、進行方向1番うしろのドア など)

表記例

上の画像の例では、『進行方向1番目』のドア一番近いという意味になります。 ※画像上の数値は号車ではありません。また、ホームドアに記載のドア番号(〇番ドア)とは異なります。

その他(キーワード検索)

当サイトにはキーワード検索により、確認したい駅名を絞り込むことが出来ます。以下はスマートフォンでの方法です。方法は2通りあります。

一つ目は当サイトの下にある検索アイコン(1)をタップします。検索ボックス(2)が下から出てくるので、検索したい駅名を入力してボックス右の検索ボタンをタップします。すると、キーワードに合致した駅名が一覧で表示されます。

もう一つは画面右のサイドバーボタン(1)をタップします。プロフィール下にある検索ボックス(2)から絞り込みたい駅名を入力して、ボックス右の検索ボタンをタップすると、キーワードに合致した駅名が一覧で表示されます。

注意事項

駅名を検索する際、キーワード語尾に必ず「駅」を付けて検索してください。(サイトの仕様上タイトルに合致した記事が全て表示されるようになっているため)

注意点

駅ホーム降車位置は、調査が終わった時点の情報です。駅設備のメンテナンス工事や駅改良工事などにより、階段やエレベーター等が利用停止または位置が移動している場合があります。

 

駅ホーム降車位置情報トップ

わだっつログトップへ

 

タイトルとURLをコピーしました