【JR武蔵野線】千葉県~大宮の移動に便利な『しもうさ号』

鉄道

当ページでは、武蔵野線西船橋方面から大宮方面まで乗り換えなしで移動が出来る『しもうさ号』について解説します。

京葉線・新習志野駅(または西船橋駅)から西船橋~武蔵浦和間まで武蔵野線を走行し、貨物線である武蔵野線大宮支線を経由して東北本線・大宮駅までを直通する旅客列車です。※大宮発は海浜幕張までの運用あり

通常、西船橋方面から大宮へ向かう場合、南浦和から京浜東北線または武蔵浦和から埼京線へ乗り換えが必要となりますが、しもうさ号に乗れば大宮まで乗り換えなしで行く事ができます。

また、しもうさ号は普通列車なので、普通運賃のみで乗車可能です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

停車駅

西船橋・新習志野・海浜幕張方面

武蔵浦和から西船橋、海浜幕張(※1)までの各駅(※1 新習志野・海浜幕張へは大宮発の一部列車のみ)

武蔵浦和・大宮方面

新習志野(※2)から武蔵浦和までの各駅、大宮(※2 新習志野・南船橋は一部列車のみ)

※3 西浦和・府中本町方面へは停車しません。

運用車両

209系500番台

もともと京葉線で運用していましたが、新型車両E233系5000番台の導入に伴い武蔵野線へ転属となり、2010年12月4日より『しもうさ号』で営業運転を開始しました。

画像:209系500番台 千ケヨM73編成

E231系0番台

もともと中央・総武線の運用に就いていましたが、秋田総合車両センターにて武蔵野線向けに転用改造工事などを受けた後、2017年11月1日より『しもうさ号』で営業運転を開始しました。

画像:E231系0番台 千ケヨMU2編成

運用撤退済みの車両

205系は、2020年10月のM20編成の運用終了をもって全編成がジャカルタへ譲渡されました。

205系5000番台

1991年12月1日より営業運転が開始され、先頭車が通常顔のタイプメルヘン顔の2タイプがあります。通常顔の5000番台が35編成、メルヘン顔が1編成、0番台はメルヘン顔のが4編成、通常顔が2編成の計42編成が在籍してました。

画像:205系5000番台 千ケヨM5編成


画像:205系0番台 千ケヨM63編成

メルヘン顔の205系は現時点で宇都宮線の宇都宮~黒磯間、日光線の宇都宮~日光間で運用しています。

宇都宮線205系(黒磯駅)

運行ダイヤ(2020年3月14日現在)

大宮発

まずは大宮発から。平日、休日共に1日3本の運用があります。大宮駅は3番ホームから発車します。

朝は9時台の1本で、海浜幕張までの運用となっています。夕・夜間帯は18時台・20時台の2本で、18時台は西船橋まで、20時台は新習志野までの運用となっています。

平日

  903E
(海浜幕張 行)
1803E
(西船橋 行)
2003E
(新習志野 行)
大宮 09:30 発 18:26 発 20:56 発
西船橋 10:29 発 19:27 着 22:01 発
新習志野 10:37 発 22:10 着
海浜幕張 10:41 着

土・休日

  903E
(海浜幕張 行)
1803E
(西船橋 行)
2003E
(新習志野 行)
大宮 09:14 発 18:01 発 20:56 発
西船橋 10:15 発 18:59 着 22:01 発
新習志野 10:25 発 22:10 着
海浜幕張 10:29 着

新習志野・西船橋 発

大宮方面行きは平日・休日共に1日3本の運用です。

朝は平日が新習志野発7時台が1本、休日が6時台に1本設定それぞれされています。夕・夜間帯は平日が新習志野発15時台と西船橋発19時台が1本ずつの計2本が、休日は新習志野発16時台が1本、19時台が1本の計2本がそれぞれ設定されています。

平日

  702E 1502E 1902E
(西船橋発)
新習志野 07:11 発 15:53 発
西船橋 07:21 発 16:02 発 19:35 発
大宮 08:20 着 16:58 着 20:31 着

土・休日

  602E 1602E 1902E
(西船橋発)
新習志野 06:19 発 16:01 発
西船橋 06:28 発 16:12 発 19:20 発
大宮 07:24 着 17:08 着 20:16 着

大宮駅到着ホーム

大宮駅は湘南新宿ラインと同じ11番ホームに到着します。新幹線に1番近いホームであるため、乗り換えには便利かもしれません。 ※以下のページがしもうさ号の大宮駅11番ホーム降車位置情報です。利用時の参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

さいごに

以上がしもうさ号の簡単な紹介となります。

しもうさ号は『むさしの号』同様、乗ることができれば所要時間の短縮ができ、とても便利な列車なのですが、運行本数や時間帯に限りがあるため、非常にもったいない感じがします。

特に千葉や吉川・越谷方面から大宮での鉄道博物館などの観光や新幹線・在来線へなどの乗り換えがスムーズになるかと思いますので、運行本数をぜひ増やしてほしいです。

『JR武蔵野線』関連ページ

タイトルとURLをコピーしました