iPhone Windows10

【iTunes】iPhoneアップデート時に「不明なエラーが発生しました(4000)」が表示された場合の対処方法

スポンサーリンク

先日、iPhoneのソフトウェアアップデートをiTunes経由で行おうとしたところ、アップデート途中で『不明なエラーが発生しました(4000)』というエラーコードが表示されてしまい、先に進めない状態となっていました。

OTA(Wi-fi経由)でのアップデートでもよかったのですが、以下の理由によりiTunes経由でのアップデートに専念する事に。

  • アップデートはOTAよりもiTunes経由での方が成功しやすい(トラブルが少ない)
  • 今回ばかりは対処方法をしっかり突き詰めたい

iPhoneやPCの強制リブートやLightningケーブルの差し替えなど色々と試したましたがどれも事象は改善せず。途中、PCのキーボードが全く反応しなくなるなどの予期せぬトラブルもあり。

その後、色々とググってみたところ本手順に行きつき、手順通りにやってみたところあっさりと解決。

自身への備忘録も兼ねて『不明なエラーが発生しました(4000)』と表示されアップデートが完了できない場合の対処方法を書き記しておきます。

何らかの理由により上記エラーメッセージが出てアップデートが失敗してしまう場合、一度以下の方法を試してみてください。

スポンサーリンク

不明なエラーが発生しました(4000)

iPhoneのソフトウェアアップデート中などにiTunesとの接続が途切れた時に表示される模様。今まではこのようなエラーコードが出たことはありませんでしたが、ここ最近になってよく目にしている気がします。

iPhoneのソフトウェアアップデート

まずはiTunesを起動。起動したら、PCとiPhoneをケーブルで接続します。

接続後、画面左上のiPhoneマークをクリックし、『Shift』キーを押した状態で画面右のiPhoneの情報内にある『アップデート』をクリック。 ※ここ重要。

ファイル選択画面が表示されたら、以下のディレクトリ内にあるiPhoneのアップデートファイル(.ipsw)を選択します。

C:¥Users¥コンピュータ名¥AppData¥Roaming¥Apple Computer¥iTunes¥iPhone Software Updates 「コンピュータ名」は、利用PCのコンピュータ名に置き換えてください。

アップデートファイル選択後、以下の画面が表示されたら、『アップデート』をクリック。iPhoneのアップデートが始まるのでしばし待機。

アップデートが終わるまでは決してケーブルから外さない事。また、 iPhone側にパスコードを設定している場合は、途中パスコード入力を求められます。

パスコードを解除しなかった場合は別のエラーコード『4037』が返されます。このエラーが表示された場合、iPhoneとケーブルの抜き差しからやり直してください。

アップデート完了確認

ソフトウェアアップデートが終わったら、iPhone側でOSのバージョンが最新となっている事を確認します。

  1. ホーム画面から『設定』(歯車のアイコン)をタップ。設定画面から『一般』⇒『情報』の順にタップ。
  2. 下にスクロールすると『バージョン』という項目があるので、OSのバージョンが最新となっている事が確認出来たらアップデート完了です。

以上が、エラーコード4000が表示された場合の対処方法です。手順もそれほど難しくはなかったので、もしiTunes経由でのアップデートがなかなかうまくいかないという場合、一度試してみてください。

カテゴリー別記事一覧

iPhone関連

iTunes関連

WEBブラウザ関連

Windows関連

メールソフト関連

その他

タイトルとURLをコピーしました