【Windows10】iTunesでiPhone/iPadのデータをバックアップする方法

Windows10

本ページではiTunesでiPhone/iPadのデータバックアップ方法について解説します。

スポンサーリンク

データバックアップ前のiTunes設定確認

iTunesのバックアップ設定で、iOS端末(iPhone/iPad)接続する前に、自動的に同期が始まる設定になっていないかを確認します。

この時点ではまだパソコンとiOS端末(iPhone/iPad)は接続しないようにしましょう。

iTunes』を起動し、メニューバーの『編集』⇒『環境設定』の順に選択。

デバイス環境設定』が表示されたら、『デバイス』を選択します。

自動的に同期が開始されるのを防ぐため、『iPod、iPhone、およびiPadを自動的に同期しない』にチェックを付けて『OK』をクリックします。

『iPod、iPhone、およびiPadを自動的に同期しない』にチェックが入っていない場合状態でiOS端末をパソコンと接続した場合、デバイス接続時に自動的に同期が開始されてしまい、データの重複や重要なデータが削除されてしまう恐れがあります。

スポンサーリンク

iPhone/iPadのデータをバックアップ

バックアップ前の事前確認が終わったので、iPhone/iPadのデータをバックアップします。バックアップ方法はiPhone・iPad共に手順は共通となります。

iTunesを起動し、画面左上にある小さなiPhoneマークのボタンをクリック。

本手順ではPCにバックアップをする場合を想定しています。その場合、『このコンピュータ』にチェックします。バックアップファイルを暗号化したい場合、『ローカルファイルを暗号化』にチェックを付けます。(初回バックアップ時、復元用パスワードの指定が必要となります。このパスワードはデータの復元時に必要となります。パスワードを忘れた場合、データの復元が出来なくなってしまうため注意が必要です。

データのバックアップが始まりますので、しばらく待機します。画面上がAppleのロゴに戻ったらバックアップが完了です。

バックアップデータの保存先

保存先は以下の通りです。

『C:\Users\コンピュータ名\AppData\Roaming\Apple Computer\MobileSync\Backup』配下

スポンサーリンク

バックアップデータから復元する

次にバックアップデータから復元する方法です。ライトニングケーブルでiPhone(iPad)とパソコンを接続します。

接続後、『手動でバックアップ/復元』内にある『バックアップを復元』をクリック。

ブルダウンから復元したいデータを選択して『復元』をクリック。

バックアップ時、暗号化して作成した場合、パスワードの入力を求められます。バックアップ作成時に指定したパスワードを入力して『OK』をクリックします。

バックアップの復元が始まります。復元後、iPhoneが再起動され、使用前のセットアップが始まりますので、画面の指示に従って進めていけば復元は完了となります。

スポンサーリンク

バックアップデータを削除する

次にバックアップのデータ削除方法です。データが不要になった、HDDの容量圧迫を防ぎたい等により、データを削除したい場合の方法です。

データを一度削除すると元に戻せません。削除の際は慎重に行うようにしましょう。

iTunes』を起動し、メニューバーの『編集』⇒『環境設定』の順に選択。

デバイス環境設定』が表示されたら、『デバイス』を選択。

デバイスのバックアップ』から、削除したいデータを選択し、『バックアップの削除』をクリック。

バックアップ”xxxxxxx”を削除してもよろしいですか?』と表示されたら、『削除』を選択。

デバイスのバックアップ』内のデータが削除されますので、『OK』をクリック。

以上で削除が完了です。

スポンサーリンク

まとめ

以上がiTunesを使ってのiOS端末(iPhone/iPad)のバックアップ操作(バックアップ作成・復元・削除)の方法となります。機種変更にあたり、データの移行の際に本手順によるバックアップが必要となります。本ページが参考になれば幸いです。

『Windows 10』関連ページ

タイトルとURLをコピーしました